忍者ブログ
natsuの秘密基地です
はまり
はまり一件ごとのお話の流れです
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
natsu
性別:
男性
趣味:
酒など
自己紹介:
ここに書かれていることはフィクションです。
ブログ内検索
アクセス解析
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1] [33] [31] [30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 sudo su -
で現在のユーザのパスワードを入力するとルートになる。
管理者権限じゃないといけなかったような気がする。



 
easy_install -UZ pyobjc
easy_install -UZ pyobjc-framework-DictionaryServices
 
でインストール。
 
 
でも、
 
sudo easy_install -UZ pyobjc
 
とかするのがMacっぽいのかもしれない。
 (*注意PyObjCはMacにもともと乗ってるものを使った方がよいです)
 
 
XcodeのプロジェクトテンプレートにPython関連のテンプレートを追加したい。
サブバージョンサーバからPyObjCのtrunkをダウンロード
 
cd /Users/natsu
mkdir pyobjc_trunk
svn co http://svn.red-bean.com/pyobjc/trunk/ /Users/natsu/pyobjc_trunk/
 
 
 
/Library/Application Support/Developer/Shared/Xcode/Project Templates/
に適当な名前のディレクトリを作り
pyobjc-xcodeのProject Template
をコピーする必要があるが、
なんかうまくいかなかった。


 
cd /Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode/Project\ Templates/
sudo mkdir Python\ Template
sudo cp -R /Users/natsu/pyobjc_trunk/pyobjc/pyobjc-xcode/Project\ Templates/* ./Python\ Template/
 
こんなかんじでやった記憶がある。
User TemplatesにPython Templateが加わる。
 


 
ファイル新規作成時にテンプレートを利用したいのならば、
ファイルテンプレートもコピーしておく必要がある。
 
cd /Library/Application\ Support/Developer/Shared/Xcode        
sudo cp -R /Users/natsu/pyobjc_trunk/pyobjc/pyobjc-xcode/File\ Templates ./
cd File\ Templates/
sudo mv Cocoa Python\ Template

 
ただこれは、自分が実際作業するためには重要ではなかった。
 
 


 
ディレクトリ名にスペースを許すっていうのは、
それほど便利にならない気がするし、
作業は逆にめんどくさくなる気がする。
 
でも、FinderやExplorerで表示したときに、
見やすいというか、そういうことなんだとも思った。
アンダースコアではかっこわるいのだと思う。
 
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
color:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


Copyright (C) 2010 NEST,
All right Resieved.*Powered by ニンジャブログ *Designed by にこるん  / 忍者ブログ / [PR]