忍者ブログ
natsuの秘密基地です
はまり
はまり一件ごとのお話の流れです
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
natsu
性別:
男性
趣味:
酒など
自己紹介:
ここに書かれていることはフィクションです。
ブログ内検索
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ターミナルというかコンソールというか。
unixファミリーのOSだと、
cd ~
とか、
ls ~
ってやると、
ホームディレクトリになんかかんか出来るのだと思う。
 
まあ、linuxとOS Xしかお知り合いじゃないんだけど。
 
 
 
cocoaなことをしているときに
これを応用出来ないかと思った。
 
 
 
要するに
NSString* home = [@"~" stringByExpandingTildeInPath];
みたいな。

 
 
久しぶりに書いたと思えばなんと短い。
 
PR
あるディレクトリの奥の奥の奥にある。
そんなファイルをロードしたい。
初夏の夜。
 
ファイルサイズを取得して、
そのぶんだけメモリを確保。
んで、そこにむいてファイルから、
リードリードリード。
 
 
オーバーフロー!!
 


ん?なんでだろ。
 
処理を極限まで減らす。
ファイルから読み込みを無くした時点で、
エラーは出なくなる。
 
 
読み込みがやっぱ悪い。
 
 
んー。ファイルサイズで取得した分しか、
ファイルのサイズはないわけなんで、
教えてもらったファイルサイズだけメモリを確保すればいいはず。
 
 
ちなみにファイルサイズを知る方法。
NSDictionary *result = [manager attributesOfItemAtPath:path error:&error];
で得たDictionaryにはfileSizeってイベントを送ってもいいらしいんですな。
unsigned long long resultSize = [result fileSize];
 
 
 
 
 
さて。エラーのおこるやつ。
ファイルサイズなんぼじゃ。
 
/Users/dev/Documents/backup/dmGet/build/Debug/dmGet.app/Contents/Plugins/ITunesCommunication.plugin/Contents/Resources/lib/python2.6/site.py
 
こんなおくのおくのおくにあるファイル。
枠からはみ出ているだろうが気にしない。
サイズは13。
 
そんなばかな。
site.py書いたの私だけど、13文字で書いた覚えは無い。
 
Finderで調べると、3042。
 
 
おっとー?
 
 
ファイルサイズの別の求め方として、
cの標準関数が使えるのならば。
前にlinuxでなんかを書いたとき、
statとかを使った気がする。
 
struct stat buf;    /* ファイル情報の格納領域 */
size_t debug = 0;
    if ((stat([path UTF8String], &buf)) == 0) {
debug = buf.st_size;
    }
 
まあ、ちょいとこんな感じで。
で、どうなったかというと、
 
 
 
*attributesOfItemAtPath:error:の結果*
2010-06-12 23:12:57.672 crepe[44602:903] image:14df5b30 size:13 pt+n:14df5c30 name:/Users/dev/Documents/backup/dmGet/build/Debug/dmGet.app/Contents/Plugins/ITunesCommunication.plugin/Contents/Resources/lib/python2.6/site.py
Current language:  auto; currently objective-c
 
“result”の説明を出力中:
{
    NSFileCreationDate = "2010-05-01 21:15:52 +0900";
    NSFileExtensionHidden = 0;
    NSFileGroupOwnerAccountID = 20;
    NSFileGroupOwnerAccountName = staff;
    NSFileHFSCreatorCode = 1919443312;
    NSFileHFSTypeCode = 1936485995;
    NSFileModificationDate = "2010-05-01 21:15:52 +0900";
    NSFileOwnerAccountID = 503;
    NSFileOwnerAccountName = dev;
    NSFilePosixPermissions = 493;
    NSFileReferenceCount = 1;
    NSFileSize = 13;←***ここ***
    NSFileSystemFileNumber = 2854447;
    NSFileSystemNumber = 234881026;
    NSFileType = NSFileTypeSymbolicLink;
}
 
うそつき。
 
 
 
*statの結果*
デバッガで見た。
debugの値は3042。

正解。そのとおり。


 
 
なんなんかなぁ。
わたし、なんかしたっけかなぁ。
 
 
 
とりあえず、statで問題をよけるぞ。
 
すでになにか別の処理で、
テキストファイルからテキストをメモリに読み取ってあるのなら、
stringWithCString:encodingを使えば、
そのメモリ領域にあるデータからNSStringを作成できると思った。
 
私の場合、encodingについては既に割れているので、
それを引数にstringWithCString:encodingを使う。
 
 
らくちんぽん。とおもいきや。
 
 
UTF-16でどうもうまくいかない。
 
ん?こいつどうやってUTF-16の終端を判断してるんだ?
とおもった。
長さを渡していないので、
終端を表す何かが必要なはず。
 
UTF-16でASCII文字を使うと、1バイト分データの空きが出る。
そう。そこはヌル文字。
なので、ほかの文字列と同じようには
UTF-16ではヌル文字で終端を表せない。
2バイト連続ヌル文字を使えばいいのだろうけど、
そんな話は聞いたこと無い。
ちなみにやってみたけど駄目。


 
unicharの配列だと可能だろうけど、
stringWithCStringはふつうにcharの配列を受け取るから。
 
もし、stringWithCString:encoding内部で、
ヌル文字を終端として扱っているなら、
このメソッドではUTF-16は扱えないように思えた。
 
 
そんななかにもかすかな光が。
 
 
stringWithCString:length:は長さが指定できる。
そして、試したところBOM無しのリトルエンディアンUTF-16も
同様にBOM無しのビッグエンディアンUTF-16もちゃんと読み込めた。
 
ん?Deprecated in Mac OS X v10.4?
あ。自分、英語読めませんのですいませんが。
 
 
なんか光が消えた。
 
 
そんななかにもかすかな光が。
 
 
stringWithCharacters:length:というメソッドがある。
引数にconst unichar *と長さが渡せる。
 
もう。いかにもいけそうな予感。


 
結論から言うといける。
ビッグエンディアンなら。

リトルエンディアンのときはBOMをつけてもだめ。
んもー。またぐちゃぐちゃ。
 
 
あー。なんならスワップしますけど、します?
 
 
またもや、そんななかにもかすかな光が。
 
 
initWithBytes:length:encoding:というメソッドがあった。
長さもエンコードも指定できる。
ええんよ、ええんよ。
どっちもわかってるから。
ちゃんと動いてくれれば。
 
...
動いた!
 
 
えっと。クラスメソッド版は無いんですね...
allocしなきゃだめですか。
 
 
そうですか。
 


Copyright (C) 2010 NEST,
All right Resieved.*Powered by ニンジャブログ *Designed by にこるん  / 忍者ブログ / [PR]