忍者ブログ
natsuの秘密基地です
はまり
はまり一件ごとのお話の流れです
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
natsu
性別:
男性
趣味:
酒など
自己紹介:
ここに書かれていることはフィクションです。
ブログ内検索
アクセス解析
[37] [36] [35] [34] [32] [29] [28] [27] [26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある意味で、ある文章から特定の文字列を
抜き出さなければならないという仕事は、
いつだってある仕事なのだと思う。
 
従って、「ある意味で」という言葉を文書から検索し、
その位置を導きだすこというサンプルは、
ある意味、非常に有益だと思う。
 
 
管さんはある意味でを使い過ぎらしい。
ある意味で。
 
 
これまで、なんか重い話題が続いたので、
ある意味ちょっと息抜きで。
 
 
レッツrangeOfString:options。
 
 
第一引数で検索したい文字列を指定。
私の場合、@"ある意味で"。
 
第二引数はオプション。
実際はunsigned int。
オプションは適宜指定で。
まずは無しで検索してみたいの私は0で。
 
 
戻り値のNSRangeはlocationとlengthを持つ構造体。
NSLog(@"location : %d   length : %d", range.location, range.length);
とかやれば値が見れる。
 
locationは先頭の文字を0として、
多バイト文字でも文字数で何文字目か出してくれる。
lengthも文字数。
 
 
 
私の場合、「ある意味で」が2回登場するので、
もう一回やる必要がある。
ふつう2回出る、なんて知らないので、
do whileで回す必要がある。
そんなとき、rangeOfString:options:range:。
第三引数で、残りの部分を指定してやればいい。
 
range= NSMakeRange(0, 0);
result = NSMakeRange(0, 0);
do
{
range.location = result.location+result.length;
range.length = [base length] - (result.location+result.length);
 
result = [base rangeOfString:@"ある意味で" options:0 range:range];
if(result.location != NSNotFound)
NSLog(@"location : %d   length : %d", result.location, result.length);
 
}while(result.location != NSNotFound);
 
 
 
 
オプションについてはunsigned intなんで、
cのノリで
NSCaseInsensitiveSearch | NSLiteralSearch
とかしちゃえばOK。
 
 
例えばこんなオプションがありんす。
 
 
NSCaseInsensitiveSearch
大文字小文字を区別しない。

 
NSLiteralSearch
これを指定した場合、byteをみて比較する。

 
例えば、UCS2で3071,306F,309Aとした場合、
それは"ぱぱ"となる。
3071が"ぱ"。
306Fが"は"。
309Aが"゜"
"ぱは゜"ではなく、だいたいちゃんと"ぱぱ"と表示される。
このオプションを指定すると、
3071の"ぱ"で検索した場合、
306F,309Aの"ぱ"で引っかからなくなる。
 
 
NSBackwardsSearch
終わりから検索。
エディタの"前を検索"を実装するときに使うんだろうなと。
 
 
NSAnchoredSearch
先頭しか検知しない。
(NSBackwardsSearchのときは最後)
 
 
NSNumericSearch
文字列に含まれる数値で比較。
たぶん、compare:optionsとか使うときに使う。
 
 
NSDiacriticInsensitiveSearch
発音区別符号無視。
無視すると、'ö’は‘o'で検索に引っかかる。
試してないけど。
 
 
NSWidthInsensitiveSearch
全角aが半角aとマッチするようになる。
半角aもまた全角aとマッチするようになる。

 
NSForcedOrderingSearch
compare:optionsとかで使えるんだと思う。
こいつは言ってることがよくわかんなかった。
NSCaseInsensitiveSearch指定で"aaa"<"AAA"らしい。
 


 
NSCaseInsensitiveSearchとNSLiteralSearchが大事なんだと思う。
 
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
color:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


Copyright (C) 2010 NEST,
All right Resieved.*Powered by ニンジャブログ *Designed by にこるん  / 忍者ブログ / [PR]